FM Marker 2

(for FileMaker Go 12)

(更新日:2016/5/21)

FM Marker 2

FM Marker 2は、FileMakerのオブジェクトフィールドに保存された画像を下地として利用し、自筆のサインやフリーハンドでマーキングする事ができるアプリケーションです。
作成したFileMaker© Goのデータベースからボタンをタップすることにより自動的に FM Marker 2 が起動し、フリーハンドによるマーキングと FileMaker© Goのスクリプトを実行することができます。
「FM Marker 2」を利用することにより、FileMaker Go 12による自筆の確認サインが必要なシステム、画像に対して該当箇所にマーキングするといった医療など様々な業務に利用することができます。
FM Marker 2は、FileMaker© Go 12-15専用のアプリケーションです。

 

FM Marker 2 FM Marker 2 FM Marker 2 FM Marker 2 FM Marker 2 FM Marker 2 FM Marker 2

スクリーンショットはFileMaker Go 12-15とFM Marker 2を利用したサンプルです。
実際には、FileMaker Pro 12-15で作成したレイアウトやシステムから、FM Marker 2を利用することができます。

目次

FM Marker 2の特徴

ver.1.1.2

ver.1.1.1

ver.1.1.0

注意点

factory+fmmarker2:// URL Scheme

FileMaker Go 12/13 のデータベースファイルから factory+fmmarker2:// URL Schemeを使用して FM Marker 2 を起動することができます。
FM Marker 2上でマーキングした後、画面右下にある実行ボタンをタップすることによってFM Marker 2 でマーキングしたデータはクリップボード保存されて FileMaker Go 12-15 に渡されます。

Capturing Sign with factory+fmmarker2://capture

起動した FM Marker 2 でマーキングしたデータは 'capture' アクションを使用して取り込みます。
factory+fmmarker2://capture URL 形式は以下の通りです(各括弧の項目は任意です):

factory+fmmarker2://capture?
<parameter name>=<parameter value>
[&<parameter name>=<parameter value>
[&…]]

複数のパラメータ名に対して、それぞれ値を指定します。例えば、マーク時に利用するペンの色や太さを指定します。

例題

FM Marker 2 では、背景画像を配置し20ポイントの赤いペンででマーキングした後に FileMaker Go 12-15 に戻り、Marker.fmp12 データベースの MarkPaste スクリプトを実行する。エリア全体が返り値になります。

factory+fmmarker2://capture?
fmdb=Marker.fmp12
&script=MarkPaste
&penwidth=20
&pencolor=1,0,0
&background=clipboard
&bouns=whole
&donebutton=DONE
&erasebutton=ERASE

動作環境

App Store

FileMaker Go 12用サンプルテンプレートのダウンロード

 

FM Marker 2 Topに戻る